フリーでリーダースキルを磨く

システムエンジニアの一般的なキャリアパスとして、最先端での激務をこなしてキャリアアップを行った後、プロジェクトリーダーに抜擢されてグループを統括する立場になるというものがあります。
多くのシステムエンジニアが目指すキャリアパスですが、実際にはそれほど広き門ではありません。
しかし、生涯に渡って現役で働いていくためには通過したい道であるというのも事実であり、そこで成功を遂げることによってコンサルタント等の次のキャリアが見えてくるようになります。

そのための手段として一度フリーエンジニアになるというのが良い選択肢になります。システムエンジニアとして企業で働いていると、エンジニアとしての素養を身につけることはできますが、リーダーとしての資質を磨くことはできません。
リーダーに必要なのは、全体を見渡す広い視野と仕事のあらゆる部分を担ったことがある経験です。
フリーエンジニアになるとクライアントの獲得から、交渉と契約、開発したシステムの納品といったクライアントとのやりとりについて多くを学ぶことができます。
請け負った仕事は全て独力で行わなければならないので、IT系の仕事を始めから終わりまで全て経験することが可能になります。
こういった経験はリーダーとしてのスキルを伸ばすのに十分足るものです。

結果として、フリーエンジニアはプロジェクトリーダーの求人では重宝される傾向にもあります。転職と成功を引き出せるものなのです。
プロジェクトリーダーとして活躍していきたい方、今求められるプロジェクトリーダー像はこちらをチェック。

2019年12月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

固定ページ