フリーランスの枠内でのキャリアアップ

若いうちからフリーエンジニアとして活躍する道を選び、仕事の獲得と達成を通してキャリアを積んでいくと、そのまま同じように仕事をして人生を過ごせるかのように考えてしまいます。
しかし、仕事の募集には年齢制限がかかっていたり、案件情報に記載されていなくても、面談の際に年齢が理由で断られることになってしまったりすることは稀ではありません。
したがって、フリーエンジニアとして働いて人生を謳歌したいならば、その枠組みの中でのキャリアアップが重要な視点になります。

フリーランスを始めたことには経験が浅いこともあって受けられる仕事が限られており、システムエンジニアやプログラマとしての仕事となるのが一般的です。
しかし、類似した現場で数年間の経験を積むと、プロジェクトリーダーとしての仕事にも応募しやすくなってきます。
特に、中小企業やベンチャー企業においては大きなプロジェクトを動かせるような人材が不足していることも多く、プロジェクトリーダーとなるエンジニアを募集するケースが増えてきているのです。

こういった立場になるためには経験が何よりも重要であり、システムエンジニア等として働くよりも高い年齢層が必要とされます。
年齢的にシステムエンジニアとして働けなくなってきても、プロジェクトリーダーとしての需要は高まるのです。
そして、マネジメント能力を身につけていくことによって、より重宝されるようになり、先々まで仕事が請けやすくなっていくのです。

2019年12月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

固定ページ